2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
<< >>

 


前日に突然楽団ひとり君のバックDJが決まり、
全盛期は過ぎたとはいえ、仮にも聖地の舞台。
おいおい俺なんかでいいのかよーって思ってたんですが…
(言っときますが私、DJは廃業してます笑)

前日、命とも呼べる当日のライブのオケを預かり、
ノンブランドのCDRだったので危ないと思い太陽誘電のCDRに二枚複製。

再生係のつもりでしたが、それはさすがにつまらないなと思い
二枚掛けして片方にエフェクト、EQ、フェーダーを駆使し、
なおかつ、ひとり君の邪魔にならない程度にいじり倒してました。

一曲目、「ラッパーイン・ザ・ダーク」
俺と楽団ひとり君を繋げてくれた張本人のトラック。

後になって気がついたのですが、絶対に出来ないと思っていた三人の揃い踏みが
BBPのステージで実現したのかと思うと涙を禁じ得ませんでした。

ひとり君がラップし、僕が彼の音源を回す。B BOY PARKのステージで。

彼に縁のある、かるのさん、WORD WORLDのホットミルクさんなんかも会場にいて
まるで当然決まっていたかのような一日。最高に楽しかったです。



遊佐、ありがとう。皆がんばっているよ。
どうだ、少しは成仏出来たか?





スイス、TNI Terrornoize Industry企画の
ハードコアチャリティーコンピの収益1000CHF!(スイスフラン)が赤十字に寄付されました。

被災国の被災者なのに参加しているマッチポンプ感です。
(一応言いますが俺には一円も来ませんからね、当然)

今も、心配し応援してくれている海の向こう側の人達がいるのに我々はどうでしょうか?
諦観なのか、おおらかなのかはわかりません。

正直、日本の赤十字には懐疑的で、もっと被災地に直で落とせる方法は無いものかと
個人的に考えたのですが…福島知事のアレな言動やら、企画者達が海の外ってのもあって
敢えて触れませんでした。あとはただただ、このお金が正しい方向に使われることを祈るばかりです。

あれから間もなく一年。
自分も当初は反原発のデモに参加したり、真剣に移住を検討したりしているうちに、
あれよあれよという間に生活に押し流され、壊れたはずの日常の非日常の中で
あたかもいつもの日々かのように生活に追われる日々になってしまいました。

広島長崎での世紀の人体実験、
チェルノブイリを傍目に観て東海村臨界事故を経て、あの怖さを知ってるはずなのに
本来なら住んではいけないはずの地域に僕らは今でもいて、生活をしています。

※チェルノブイリ、東海村臨界事故に関しては非常に興味深い文献が多いので
 各々が個人的に調べてくれることを願います。

この仮初の日常の結果が5〜10年後にどういう結果になっているかは
知る由もありません。「杞憂」の一言で住んでいることを願うばかりです。

画面の向こう側じゃなくて、僕らは当事者であること。今一度自覚したいと思います。

ビートバトル。

見事にやらかしまして、ちょっとやりすぎた感あって猛省中でございます。

所謂、局部、とどのつまり、オティンティンを晒したわけですね。音の戦いなのに笑。
次はちゃんとやります。あいすみません。

翌日の戦極MCバトル、変名でエントリーしていたのですが、
こちらは時間に間に合わず。正直、出たかったですね。
事前に主催者側には難しいかもと伝えていましたが
エントリーしといて行かないってのは絶対NGですから。反省。

次、何処のバトルに出ようかなと迷っています。

そして、Twitterでは散々言ってますが、
今、腐悪akaハハノシキュウ君のミニアルバムを作っていて大詰めです。
進捗的には8割、と言ったところでしょうか。

トラックは全て自分が担当しています。
かなり、有りそうで無かった作品になっていますのでお楽しみに。

では。

腐悪akaハハノシキュウ
http://hahanoshikyu.blogspot.com

過去にBlogをやっていたのですが、消えてしまいました。
契機となるMCバトル初参戦で更新は止まっていたので丁度良かったのかも知れません。

最近は国内での動きが活発化したので、間口を広げる意味合いも込めて再開してみます。

日頃はTwitterでクズっぷりを発揮しています。
あのツールは僕にとって割りと感情直結ですので、
あちらのほうが「素」に近いかもしれませんが呟き過多ですのでフォローはお勧めしません。

では、宜しく。

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.