2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

一年ぶりにMCバトルへ参戦してきました。

一年ぶりの戦場が満員のリキッドルームってやべぇなーと思いつつ。

 

やはりバトル前の緊張感というのは何時になっても慣れないといいますか、

割りとリラックスして会場へ向かったのに初めてえずくくらいに緊張していました。

 

出場MCも知らない人がほとんどで、客層もだいぶ変わっており

あー、ブームなんだなぁーと。良くも悪くも。

僕を知っている層もほとんどいなく、逆にそこが上手くハマったようで

結構ウケていたようです。韻踏んでどーこーのタイプじゃないので

そこが新鮮だったのかもしれません。名前もけったいですしね笑。

 

二回戦で惜敗といった感じですが、出てよかったなと。

前週のHARDGATEからのUMB東京予選、

ここ7年の自分を造ったヒップホップ〜ハードコアテクノを2週続けてでしたので

総決算的な感じもしつつ、さぁ次へ!という感じです。

 

楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 


HARDGATE、ありがとうございました。
想像以上にくちゃくちゃでダメな大人レペゼン!って感じのセットでした。

しばらく静かに暮らしていたので情報過多といいますか。

 

写真はもうだいぶ長い付き合いの平川タケシ君。
オフィシャルのパーティーフォトは後日アップされることでしょう。

 

 

三人おそろいのK.O.R.E.シャツなのに本隊パーティーが

一切動いてないのめっちゃ面白い!とか楽屋でゲラゲラ笑ってました。
(笑うとこ違うって感じかもですが…笑

 

 

K.O.R.E.2年連続ハロウィン時期に開催しましたが
今年はやりません。実際お話はいただいていたのですがお断りしました。
一昨年は爆発と言っても過言では無かったのですが
昨年がどうにも違和感を感じたのと、その流れで春開催も流れ、

ぼんやりと構想のあった夏開催も流れ、
これも必然かなと思い無理には開催しません。

 

元々オーガナイザー、プロモーターの人間ではないので
そっちで削られるのは得策ではないなーと。

思いついた時にまた開催します。

 


ラフネックキャンセルは残念ですが楽しい日になるでしょう。

赤鬼くんとMichelとで暴れます、はい。

 

遊びましょう。エイジアで僕と握手。

 

http://madcity.tokyo/HARDGATE06/

 

 

書きたいこと山ほどあるんですがネット離れてるとなかなか筆不精になるといいますか…。

再来週に久々にバトル出るかもな感じなのですがそれはまたおって。一年ぶりだから緊張してます。

 


ドイツ、ハンブルグのハードコアシーンを振り返る(?)記事みたいです。

 

個人的にネット離れが加速していて

自分がポストする時以外はSNSもたまに覗いたりする程度。

 

Facebookでは海外の古参ハードコアファンが昔話しに花を咲かせている事も多く、

また、「今の音嫌だ!」と頑なに拒否している層も一定でいたりして。

 

歴史を重ねてそれだけ楽しみ方も多様化したってことかなーと流して観てます。

 

HISTORY OF HAMBURG HARDCORE

http://www.theharddata.com/2017/08/29/history-of-hamburg-hardcore/

 

定期的に何かで言及されたり記事に名前載ったりと

うっかり歴史に名を残すと後々エラいことになるもんだなーなんて

たまに思いますが、「また昔話?もういいぜ」とサンドウィッチマンの顔で

言ってみたくもなったりするのも正直な処。

 

色々アップデートせんといかんですなぁー

 

 


B BOY PARK が20年の幕を閉じました。

B BOY達の聖地。長年お疲れ様でした。

 

MCバトルに出始めてヒップホップ界隈をうろちょろしだしたのが2010年頃。

自分とは無縁と思っていたんですが不思議なもので

2012年、楽団ひとり君のバックDJで出演したなーと逡巡。

光栄といいますか、ありがたい話です。

 

先日MCの諒君と偶然再会し(使ってる駐輪場が同じだったという奇跡)、軽く呑みました。

僕がバトル初勝利となった試合の対戦相手で、諒君は当日初参戦だったそうで。

そんな相手と酒を酌み交わす人生の妙。今思えば仙台予選なんかでも一緒だったよなーと。

2010年の戦慄MCバトル、勝ち負けに重きを置いてやってはいませんでしたが、しかしバトルはバトル。

もう辞めようか…と思ってた時の初勝利。

辞める気マンマンだった僕は「さぁぶっ殺してくれ!」とか言ってたはず…笑。

(同じようなラインを二回戦でも言っててこれが動画にも残ってるので恥ずかしくて観れない笑

でも正直な気持ちだったんだろうなーと、今となっては良い思い出です。愚直でした。

 

最近は非常に穏やかに暮らしていて、上記のような事もあり、そういえばBBP出たなー

なんて思い出したあたりから「あれ…、なんで俺こんな事になったんだっけ…?」と

まるで他人事のように思い返してみたり。

 

年始の「五文字以上〜」でKMCを呼んで、ジオラマもいて

その場で「2010年UMB東京予選」の話になって色々と言われたのですが

(その色々についてはかなり長文になるので割愛します笑)

今更あの涙の意味を説明するのも変な感じだし、曲にするのも難易度高すぎだし。

消えてしまった昔のブログか退会したmixiの日記に長々と書いていたような気がしますが

こうやって流れ行くものなのでしょう。

 

当時、何も無かった、全てを放棄していた自分にとってのターニングポイント。

ただただ新宿リキッドのあの場にいたかっただけ。そんな感じでした。

ソコに出られる保障も無いのにただただバトルに出まくっていた時期。

でも、求めてるのは、売名や勝利ではありませんでした。

この辺が理解されないのは重々承知です。

自分にとってのバトルは、「何を感じられるか」

「その日その時どんな景色が観られるか」でしたので。

(勝つためにやってたらもっと強くなってるし、

きっとラップもうまくなってるでしょ、普通笑。)

 

そしてその後のいきなりのDominator2011。

ハードコアでの過去の経歴ありきとはいえ、

今考えても色々とおかしいし、ツッコみどころ満載だなと。

一介のバトルMCがいきなりオランダのフェスとかどう考えてもおかしいし

自分の事ながらクスッと笑ってしまう感じです。

 

その頃、昔からの知り合い以外で国内ハードコア関係者とつながりはほぼ無かったし

周りのリアクションすらわからないままで、帰国後も普通にバトルに出てた記憶。

フェス出たからと言ってハードコアに復帰する気もありませんでしたし、

国内でブッキングなんて来ないだろうと思ってたので気にも留めて無かったってのが正直な処。

ハハノシキュウのレコーディングやリリースもありましたし。

 

なんか長ぇな…。

 

2012年春に沖縄でギグが入り、そこで一気にハードコア復帰への気持ちが高まったのは覚えています。

その年の夏に公式に復帰を宣言。色々と無自覚の度が過ぎていた感じもありますが、

今思うと2010〜2012年頃の自分って「どこにもいないひと」でとても自由だったなと。

 

今一度、「どこにもいないひと」に回帰する時が来たかな、なんて思ってます。

BBPの終幕から、あれ?俺なんでこんなんなったんだっけ?とふと思い

なんとなーく文章にしてみました。

 

今はスイッチが両方オフなので暫く大人しくしている予定。

 

しかしながら10月のギグは思いっきり暴れるつもりです、はい。では。

 

懐かしの映像

 


というわけで久々現場です。

 

Ruffneck、Ophidianまさかの来日。

赤鬼くんと暴れ倒す予定です。MCのMichelも数曲巻き込む予定。

エイジアで遊びましょう。待ってます。

 

http://madcity.tokyo/HARDGATE06/

 


長らく静かだったスイスのTerrornoize Industryが突如復活しまして、

第一弾でDJ Freakのバイナル切ったりと完全に時代を全力で逆走してて面白いです。

Amiga Shock Forceの新譜も出すとかトチ狂った事言ってます。

 

オーナー失踪時に向こうのハードコア勢の空気感が非常に微妙だったり、

僕自身もちょっと思う所あったので静観決め込もうと思ってたのですが

まぁ見事に巻き込まれ気味です。

 

2017年というハードコアにとって特別な年なのでK.O.R.E.で

それっぽいイベントやろうかなーと 考えていたのですがなんか後ろ向きな気がしたのと

忙しくてイベントまで手が回らないなーというのが現実。

 

2017といえばPCPでありMarc御大であり

今はミニマルで活躍中のMIROだったりするのですが

そのMIROことSTICK HEADがまさかの新譜です。

音的には昔っぽいので新曲…?なのかな…?

https://soundcloud.com/user-310430291

 

TNIのオーナーからブルータルの日本語はこれか?

みたいなメッセが来まして、ベタ打ちゴシックに意味も変な感じだったので

いやー、コッチのほうがベターかなーなんて意訳して送ったらなんとプリントされてやんの…笑。

使うならもっとマシなアイディア出せたんだけど…と後の祭り。

 

名前もクレジットされてしまってなんとなく、ごめん…感ありますが。

これを機会にMIROがハードコアに復帰するのかは不明です。

Kotzaakのbandcampも作ったみたいですし、ややもすると…?という感じでしょうか。

 


  

 

 

ちょっと前にTwitterでバズってたセルビアの日本大好きバンド
「SENSHI」のVo.Adamにロゴを作ってもらいました。

 

不思議な縁というか、Twitterでバズり始めたあたりで
Facebookにて日本ってそんなに魅力的〜?みたいな記述で
彼等の動画を貼ったら、サーチしてたのか即コンタクトがあり、
そのタイミングでTwitterで完全にバズって、興奮した様子で
「なんか日本でエラいことになってるんだけど、これなんて言ってるの?」
とほぼ同時通訳みたいなことしたりしました笑。

 

そこからちょいちょいやり取りしまして
色々やってるよーというので話の流れでロゴをお願いした次第です。

 

彼等は来日を熱望していますので応援してあげてください。

 


 

 

Facebook Page - https://www.facebook.com/SenshiTheBand/
Twitter - https://twitter.com/SenshiTheBand


前もなんとなくアップしたのですが
MEANING OF NONSENSE名義の

オーディオビジュアライザーというか何かです。
眠らせとくのもアレなので配信でもしようかなーと思ったり思わなかったり。
8cmCDちょっと在庫あります。

https://kore.thebase.in/

 

 

 


KORE-001 ジャケットに関して

 


特に記すべきことでもないのですが、
昔からハードコア特有の過度なゴシック感や威圧的なデザインが苦手で
hardtunes開いても「うーん…」となってしまいます。

 

単純に好みの問題なんでしょうけれどハードコアだからといって
暴力的である理由もグロテスクである理由も、

ましてやアニメ絵である理由も無いっていうアティテュードです。(時と場合によりますが…

 

というわけで単色に文字のみ。
そしてタイトルもちょっとばかし考察の入ったものって感じです。

 

 

 

 

 

 

 

https://www.hardtunes.com/albums/burning-lazy-persons-they-didnt-bring-us-here-to-change-the-past/5819


無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.