2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

裏口入学'83 第十一号

前回から二ヶ月以上あいてしまいましたね。




PDFはこちらからどうぞ → UR-011



2ページ目

Manga Corps -- War Dancer
http://www.discogs.com/Manga-Corps-War-Dancer/master/105070

Dr.Macabreの変名ですね。
UKハードコアの原型のような気がします。(あくまで個人の感想
 

S.W.A.T.-- S.W.A.T. E.P.
http://www.discogs.com/SWAT-SWAT-EP/release/108475

 

Nordcore G.M.B.H. ‎– Operation Nordcore
http://www.discogs.com/Nordcore-GMBH-Operation-Nordcore/release/16387
 

Horrorist, The ‎– One Night In N.Y.C.
http://www.discogs.com/Horrorist-One-Night-In-NYC/master/225865


ラディカルグルーヴ!懐かしい!フランスのテクノ全般レーベルって感じでした。
全てカラーヴァイナルで色ごとにサウンドの系列を分けてた記憶があります。

Christ Of Noise ‎– Hardcore From A 1200
http://www.discogs.com/Christ-Of-Noise-Hardcore-From-A-1200/release/227086


出た、Outcast Clan!懐かしい。UKのアンダーグラウンドレーベルでした。

Various ‎– Fireproof EP
http://www.discogs.com/Various-Fireproof-EP/master/279054
 

juncolorを引き継いだ形で始まったBrutal Chud、スピードコアが流行ってた時期ですね。

Noize Creator ‎– Out Of Order Vol. 1
http://www.discogs.com/Noize-Creator-Out-Of-Order-Vol-1/release/41491
 

Noizecreator* ‎– Out Of Order Vol. 2
http://www.discogs.com/Noizecreator-Out-Of-Order-Vol-2/release/25201


出ましたMiro PajickことSteve Shitアートワークも鬼シブです。

Steve Shit ‎– Shit's Gabbertales
http://www.discogs.com/Steve-Shit-Shits-Gabbertales/master/31349


最近復活傾向のフランス大御所Laurent Hôのレーベル。エピテツのコンピ。
マイクロポイントって昔こんなんだったんですよ笑。

Various ‎– Epiteth 7
http://www.discogs.com/Various-Epiteth-7/master/131978




3ページ目、

謎の論文です。



4ページ目、5ページ目

本来ですと見開き部分ですので5ページ目から読んでください。
XOLDOG400インタビュー。
なんと、いまだ現役!
http://www.xol-dog-400.de/
http://www.discogs.com/artist/18383-Xol-Dog-400


CRAPSHOOTとOUTCAST CLANの共同コンピ。
Various ‎– Murder One - Killer Hardcore Techno
http://www.discogs.com/Various-Murder-One-Killer-Hardcore-Techno/release/161397

Simon Underground-Point Blank
 

Nasenbluten ‎– N Of Terror
http://www.discogs.com/Nasenbluten-N-Of-Terror/release/205317

カセットテープリリースですね。

nasenbluten - I love to have a beer with duncan


カセットレーベル「メガネレコーズ」の広告出ていますが
私、この3タイトル現物持っています笑。



6ページ目

まだまだ続くレビュー地獄。辛くなってまいりました。

まだまだ現役、DJ FREAK、インダストリアルハードコアの祖的な捉えられ方をしてるのかな?
面識が無いのですが何故か対というか僕と彼両方のファンの方多いようです。

今度アナログリリースするレーベルもまずFREAKがリリースして次が僕といった形。
D.O.Mのリミックスもたしか僕と彼が同じEPに収まっていたような…
(いまだにファイル送ってくれないんで持ってないです笑)
過去の時代性ってやつですかね。

http://www.discogs.com/Freak-EP-Vol-3/master/132361

これはまだ聴きやすい方な気がします笑。

 

http://www.discogs.com/DJ-Freak-Heavy-Metal-Poisoning/release/121460

 

http://www.discogs.com/DJ-Freak-Porridge-Gun-Natural-Born-Killa/release/121238

 

同じくイギリス勢、クラップシュート(あれ、フリークはスコットランドだったかな…?)なんですが
文中で何番か識別出来なかったので最近復帰した重鎮の同レーベルからのリリースでも…。

 

来た、フレンチコネクション。これ今でもかかりますね。
以前どこかで書いたような気がしますがDOMINATOR2011の会場バックステージに着いた時に
メインフロアでこれがかかっているのが聞こえて「おい、今何年だよ!」ってびっくりした記憶あります。

フランスサックスなんてディスっているようで作ってるのフランス人という。
Dr. Macabreの変名です。コレ前に書いた記憶があるな…。

http://www.discogs.com/French-Connection-France-Sucks-Vol-1/master/367316


http://www.discogs.com/French-Connection-French-Connection-The-Super-Special-Remixes/master/378377

SSのアートワークの一貫した退廃感というか。
どう考えてもヒトラー時代のSS部隊、ナチスを連想させるアートワークなのですが、
抗議があったのか定かではありませんが途中から取ってつけたようにSuper Special Corpとなったような気がします。

http://www.discogs.com/artist/594789-Johnny-Two-Times-Pete-Da-Killa
 

これ、テクニークかシスコテクノかで入荷されてて
そのアートワークに「もうやめてぇえ、普通にしてぇー」ってなった記憶あります。

http://www.discogs.com/Terrorists-Error-By-Terror/release/58667
 



7ページ目

ゲンプロダクションの様々な告知。アクティビストですねー。
コチコチ情報局は今で言うポッドキャストの先駆けみたいなカセットテープ配布のラジオ番組でした。


回を追う毎に増す情報量。
今となって思えば既に破綻が見え隠れし始めていた時期かもしれません。
この裏口入学のPDF化を始めて気がついたのですが
やはり「97年」がかなりキーポイントのような気がしています。
これについてはまた別途触れてみようと思います。



第十二号へ続く
 

comment









trackback

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.