2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

裏口入学を運営していたみちさん、
リブラーさんも出演しますのでこちらも是非。

23日


24日




裏口入学'83 第九号

PDFはこちらからどうぞー。 UR-009

※第八号の記事がまるまる消えてしまいました…最悪。
   PDFリンクはこちらに → UR-008


2ページ目

日本のレーベル。

Bass2 Records


KAK-A Recordings
がレーベル始動するとコールされています。


ジャンカラー関連レビュー3連発!


今聞いてもかっこいい。これ元ネタミニストリーでしたっけ?

S37-TV


DJ Heaven - 1, 2, 3, . . .

Syndicate - One Of The Fisters


ヘブンももう活動とかしてないんだろうなー…。
S37は一度だけ大阪に来日しています。山登りが趣味でハードコアも引退してしまいました。

SYNDICATE - THE PSYCHO


EC80RのこのEPかなりかっこいいのでオススメです。

Bazooka ‎– On Da Battlefield

Bazooka今はドラムンベース寄りの活動をしているようです。

Bazooka - Destruction Sequence

3ページ目

NORDCOREについて触れています。ハンブルグのレーベルですね。
シーンに出てきたときはかなり勢いあったのですが、
前記事で触れたテラードロームの売上金(かなりいい額)でモメてしまい音の中核だった人間が離脱。
その後は地味な展開に…というイメージです。当初裏口入学とは密接に繋がっていました。

インタビュー。何時頃でしょうか?日本語です。

NORDCORE GMBHは有限会社の意味ではなく、
GABBER MUTANTEN Bなんとか HUNBURGの略
だったような記憶があるのですが
おいおい裏口入学内で触れてるかもしれません。

一時期この盤は日本でもエラい金額に跳ね上がってました。

Nordcore GMBH - Hartcore City Downtown - NORD003

DJ SCUDとスイスETIENNE氏の記事。
このページだけでも海外アンダーグラウンドと密接に
そして互いをリスペクトし対等な関係であったのが見て取れます。

このエティン氏(たしかそういう発音だったはず)、実は一回会ったことがあって
その後彼はManu Le Malinを日本にブックしたりしてました。
たしかド平日のイエローだった記憶…。僕もハードコア離脱期だったので行ってません。


4ページ目

WAXHEAD氏のインタビュー。


5ページ目

タツジン氏によるSS特集第二弾!

Amiga Trax - Hummel ( 1993 )
ファーストアサルトってタイトルですが二度目無かった気が。

Boom Terrorism - Gabberhouse
 (FRANKFURT ALLES KLAR HARDCORE GABBER TECHNO RAVE)
コレ大好きなんすよね。

おっとメンバーにDrokzの名前が。

Terrorists-Interzone

Tumor On A Trip Jam

Disasta Blasta - Befehl

これたしか発禁になったような気が。一時期discogsにも
このタイトルだけ載ってなかった気がするんですが…。記憶違いかな。


6ページ目

さーまだまだ盛り沢山。流石に疲れて来ました。

Praxis なんと現役。http://praxis.c8.com/
老舗ですね。
Deviant - Dubious

shockwave-Merry Christmas You Suckers-a2 speedfreak
このピクチャー盤最高でした。

Industrial Terror Squad - Welcome To The Killing Fields
パッと出して消えて戻ってきてまた消えた感。動いてるのかなあ。

Tri Pax - What The Fuck Are You Laughing At?

ROBGEEの悪ふざけ。当時爆発的にヒットしたJosh Wink - Don't Laughネタ。
これシスコアルタ店で何故か買った記憶。
シスコ新宿アルタ店は何故か突然インダストリアルストレングスのバックカタログを
どかんと入れたり不思議な事してました。

D.O.A. ‎– Muthafuckin' New York Hardcore

言わずもがなですよ。
これ買って針落として鳥肌立てたあの感覚思い出します。

disciples of annihilation-nyc speedcore

中核のSal Mineoが復活傾向で非常に喜ばしいです。正直音は期待出来ませんが…。
テラー、スピードコア系等の歴史上最重要人物と言って過言ではないでしょう。


7ページ目

Somatic Responses

こちらも現役。ずっと続けるって凄いなと。
Somatic Responses - Structural damage (1995)

HILLPOINT417のミックステープ販売告知等も載っています。
これ何本か持っていたはず。
何から何まで手作業感。時代ですね。

今はとても便利な時代になりましたが、何かが足りない感あって
これってなんなんだろうなーとぼんやり考えたり考えなかったり。


いっやー、回を増すごとに内容濃くなるのは目に見えてたんですが
結構キツイ作業ですね笑。
記憶とあの時代の感覚の補完の為にやってますが、
週一ペース辛くなってきました笑。十号はまた後日って事で!



comment









trackback

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.