2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

一年ぶりにMCバトルへ参戦してきました。

一年ぶりの戦場が満員のリキッドルームってやべぇなーと思いつつ。

 

やはりバトル前の緊張感というのは何時になっても慣れないといいますか、

割りとリラックスして会場へ向かったのに初めてえずくくらいに緊張していました。

 

出場MCも知らない人がほとんどで、客層もだいぶ変わっており

あー、ブームなんだなぁーと。良くも悪くも。

僕を知っている層もほとんどいなく、逆にそこが上手くハマったようで

結構ウケていたようです。韻踏んでどーこーのタイプじゃないので

そこが新鮮だったのかもしれません。名前もけったいですしね笑。

 

二回戦で惜敗といった感じですが、出てよかったなと。

前週のHARDGATEからのUMB東京予選、

ここ7年の自分を造ったヒップホップ〜ハードコアテクノを2週続けてでしたので

総決算的な感じもしつつ、さぁ次へ!という感じです。

 

楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 


B BOY PARK が20年の幕を閉じました。

B BOY達の聖地。長年お疲れ様でした。

 

MCバトルに出始めてヒップホップ界隈をうろちょろしだしたのが2010年頃。

自分とは無縁と思っていたんですが不思議なもので

2012年、楽団ひとり君のバックDJで出演したなーと逡巡。

光栄といいますか、ありがたい話です。

 

先日MCの諒君と偶然再会し(使ってる駐輪場が同じだったという奇跡)、軽く呑みました。

僕がバトル初勝利となった試合の対戦相手で、諒君は当日初参戦だったそうで。

そんな相手と酒を酌み交わす人生の妙。今思えば仙台予選なんかでも一緒だったよなーと。

2010年の戦慄MCバトル、勝ち負けに重きを置いてやってはいませんでしたが、しかしバトルはバトル。

もう辞めようか…と思ってた時の初勝利。

辞める気マンマンだった僕は「さぁぶっ殺してくれ!」とか言ってたはず…笑。

(同じようなラインを二回戦でも言っててこれが動画にも残ってるので恥ずかしくて観れない笑

でも正直な気持ちだったんだろうなーと、今となっては良い思い出です。愚直でした。

 

最近は非常に穏やかに暮らしていて、上記のような事もあり、そういえばBBP出たなー

なんて思い出したあたりから「あれ…、なんで俺こんな事になったんだっけ…?」と

まるで他人事のように思い返してみたり。

 

年始の「五文字以上〜」でKMCを呼んで、ジオラマもいて

その場で「2010年UMB東京予選」の話になって色々と言われたのですが

(その色々についてはかなり長文になるので割愛します笑)

今更あの涙の意味を説明するのも変な感じだし、曲にするのも難易度高すぎだし。

消えてしまった昔のブログか退会したmixiの日記に長々と書いていたような気がしますが

こうやって流れ行くものなのでしょう。

 

当時、何も無かった、全てを放棄していた自分にとってのターニングポイント。

ただただ新宿リキッドのあの場にいたかっただけ。そんな感じでした。

ソコに出られる保障も無いのにただただバトルに出まくっていた時期。

でも、求めてるのは、売名や勝利ではありませんでした。

この辺が理解されないのは重々承知です。

自分にとってのバトルは、「何を感じられるか」

「その日その時どんな景色が観られるか」でしたので。

(勝つためにやってたらもっと強くなってるし、

きっとラップもうまくなってるでしょ、普通笑。)

 

そしてその後のいきなりのDominator2011。

ハードコアでの過去の経歴ありきとはいえ、

今考えても色々とおかしいし、ツッコみどころ満載だなと。

一介のバトルMCがいきなりオランダのフェスとかどう考えてもおかしいし

自分の事ながらクスッと笑ってしまう感じです。

 

その頃、昔からの知り合い以外で国内ハードコア関係者とつながりはほぼ無かったし

周りのリアクションすらわからないままで、帰国後も普通にバトルに出てた記憶。

フェス出たからと言ってハードコアに復帰する気もありませんでしたし、

国内でブッキングなんて来ないだろうと思ってたので気にも留めて無かったってのが正直な処。

ハハノシキュウのレコーディングやリリースもありましたし。

 

なんか長ぇな…。

 

2012年春に沖縄でギグが入り、そこで一気にハードコア復帰への気持ちが高まったのは覚えています。

その年の夏に公式に復帰を宣言。色々と無自覚の度が過ぎていた感じもありますが、

今思うと2010〜2012年頃の自分って「どこにもいないひと」でとても自由だったなと。

 

今一度、「どこにもいないひと」に回帰する時が来たかな、なんて思ってます。

BBPの終幕から、あれ?俺なんでこんなんなったんだっけ?とふと思い

なんとなーく文章にしてみました。

 

今はスイッチが両方オフなので暫く大人しくしている予定。

 

しかしながら10月のギグは思いっきり暴れるつもりです、はい。では。

 

懐かしの映像

 


春ねむりさんの会場限定CDRから先行配信となりました。

ヒップホップ関連のリリースは久々ですね。

 

ラップパート、フックも好きですが

個人的にはイントロが凄く気に入ってます。

 

端末によってはアップルミュージックに

強制的に飛ばされるみたいなので上手く行かない人は

Itunes Storeの検索からどうぞ

怪物(沈黙を語る人 remix) (feat. レイト) - Single

 

なんか「沈黙さん」(ヒップホップ現場ではよくこう呼ばれている

急に活発ですな。

 

 

 

 


情報解禁になりましたので、告知です。

自分のイベント前日というチリバツなタイミング笑。

海外からのブッキング話も時を同じくしてちらほら来始めていて

こういうのって重なるもんだなーと

 

 

春ねむりさんというラッパーさんのリミックスというか

リアレンジというかそんな感じの事をしました。

好きなラッパーのレイト君もfeatされています。

仕上がりが楽しみー。会場限定らしいので是非。

https://twitter.com/haru_nemuri/status/832558669392814080

 

 

そして明日です。楽しみ。

 

https://www.facebook.com/events/1217359071684318/

K.O.R.E. presents: 五文字以上踏める奴だけここに居ろ 第弐回


2/19(日) 新宿BE-WAVE 17:00-22:00 ¥1,500 with 1Drink

 

■SPECIAL GUESTs

KMC
添田大臣
NDE

 

■HIPHOP side

たまちゃん
Z.I.O-RAMA

 

■HARDCORE TECHNO Drum'n Bass side

沈黙を語る人 a.k.a Nawoto Suzuki
Michel (N.J.U.P.)
RedOgre
Takeru

 

※出入り自由 尚、韻が踏めなくてもご入場いただけます

 

遊びましょ。

 

https://twitter.com/nawotosuzuki

https://www.facebook.com/nawotosuzuki

https://www.facebook.com/nawoto


諸事情で発売が少々遅れたようですが発売されました。
久々の沈黙仕事ですので是非。

あと未発表の沈黙絡みの案件もあるのでこれも近々公表出来たらなーと思います。

今は慌てず騒がず、どう動いていくか、自分はどうしたいのかを
じっくりと考えています。

例え自分がどういう状況になろうとも年に二回くらいは最低でもバトルに出ようねと
自分に課しているのでぼちぼちどこかのバトルにそっと出ようと思います。








http://mamesenn.jimdo.com/

1st Album「DIO」発表から一年、、、豆尖がお届けする2作目は、総勢23組のリミキサーとの異種格闘技戦セッション!!
全26曲約121分の2枚組リミックスアルバム!限定300枚!




【Artist Profile】
豆尖 (ZionSoldier / ZION LABEL)
豆汁と尖閣。

RAP集団ZionSoldierに属する、HIPHOPを出自とする2MC with DJ。
前身となる尖閣&mame-jiru を経て2009年に結成し、ボーダレスな音楽交流を重ねた独自進化形。
自分たちの居場所を探すように、欠落した何かを穴埋めするように、無二のコンビネーションを築いてきた。

結成直後からそれぞれが同胞Y.A.SやZionSoldierの作品参加を重ね、2011年5月にCOASARU「別人格 COASARU」(術の穴)に豆尖として客演参加する。

2013年に豆汁がMAME-RECORDSを発足。ILL BONG「naisho」(theotokos)の客演参加を経て、4月に1st e.p「お豆の足音」(MAME-RECORDS)を発表。

同年2月には、隼人6号「Promised Land EP」(booty tune)に尖閣が客演参加。jukeにポエトリーするという楽曲を制作し、promoの段階でD.J.APRIL 's JUKE/FOOTWORK 2012 Japan Chart top 10に選出された。

そして2014年4月、1st Album「DIO」(ZION LABEL)を発表。
同年RINGOOO A GO-GOを通過し、りんご音楽祭2014 に出演した。



【商品解説】
LOW HIGH WHO?のトラックメイカー "*+Ω+*" とのジョイント作としてリリースされた "DIO" から1年。
特定のTrackmakerを持たない2人が、
様々な表現者とのセッションへ貪欲に踏み込むことで形作ってきた豆尖という独自進化形。
その前身である「尖閣&mame-jiru」として活動を始めた2008年から、
2014年までの音楽交流を表出する思いで発表するリミックスアルバムは、
有名無名を問わない総勢23組のリミキサーとの異種格闘技戦セッション!!
全26曲、約121分収録の脅威のヴォリューム2枚組!限定300枚!

Mastering by 8ronix (bullpen.lab)
TrackOrder by Shun-Shun (hypnotIze)
CD JKT Design by Taku Yamada (http://www.emayg.com/)

2015年発売、全26曲。



【TRACK LIST】
DISC A
1.merci for healthy|ZionSoldier MCs beat jack
2.月と太陽と地球|雲のすみか remix
3.愛撫のカオス|スコーピオン岡本 remix
4.sitting blue|わきみずremix by 隼人6号 
5.baby godzilla|ノダフルタ remix
6.夢の背中|steteko remix
7.越えて|WATMAN BEGINZ remix
8.relax blues|8102 remix
9.sitting blue|ninja wasabi remix
10.少年jungle|DJ DON remix
11.relax blues|庭 remix
12.merci for healthy|ピーチ岩崎 remix
13.relax blues|ワヲン remix

DISC B
1.relax blues |隼人6号 remix
2.おしずかにdub |QUIQUI HETERODOXY remix
3.愛撫のカオス |Ok,No,Volcano,Remix by 沈黙を語る人
4.愛撫のカオス |doboku remix
5.少年jungle |Optical Structure remix
6.DIO all blend |庭 remix
7.baby godzilla |DJ Ishikawa remix
8.越えて|CO2 remix
9.月と太陽と地球 |dj ao remix
10.夢の背中 |asa remix
11.sitting blue|燃える!remix by 隼人6号 
12.ラマジーE|匠-TakUmi-remix
13.merci for healthy|YOUNG-G remix



豆尖 Remix Album "0814/re:DIO" trailer公開されました。
自分のリミックスも少々お使いいただいているようでありがたやありがたや。

昨年「曲がまったく作れない病」を発症しまして(今も結構続いてます…)
詰まりながらもかなり苦心して仕上げた記憶が…笑。

是非ゲットしてください。

http://mamesenn.jimdo.com/



こちらも不思議なご縁といいますか、
豆尖のリミックスアルバムに参加させていただきました。是非是非。

思い起こせばいつかのUMB静岡予選、かなり鼻息荒く参加したものの
一回戦で豆汁さんと当たってしまいフルボッコにされた苦い思い出が笑。

そんなこんなで好き勝手やらせていただきました。
参加メンツからしてかなーり濃そうな内容。楽しみです。


http://omamejiru.blog110.fc2.com/blog-entry-156.html

1st Album「DIO」発表から一年、、、豆尖がお届けする2作目は、総勢23組のリミキサーとの異種格闘技戦セッション!!
全26曲約121分の2枚組リミックスアルバム!限定300枚!

【タイトル】:0814/re:DIO
【アーティスト】:豆尖
【レーベル】:ZION LABEL
【フォーマット】:2CD
【発売日】:2015年4月29日
【販売価格】:1,944円



【Artist Profile】
豆尖 (ZionSoldier / ZION LABEL)
豆汁と尖閣。

RAP集団ZionSoldierに属する、HIPHOPを出自とする2MC with DJ。
前身となる尖閣&mame-jiru を経て2009年に結成し、ボーダレスな音楽交流を重ねた独自進化形。
自分たちの居場所を探すように、欠落した何かを穴埋めするように、無二のコンビネーションを築いてきた。

結成直後からそれぞれが同胞Y.A.SやZionSoldierの作品参加を重ね、2011年5月にCOASARU「別人格 COASARU」(術の穴)に豆尖として客演参加する。

2013年に豆汁がMAME-RECORDSを発足。ILL BONG「naisho」(theotokos)の客演参加を経て、4月に1st e.p「お豆の足音」(MAME-RECORDS)を発表。

同年2月には、隼人6号「Promised Land EP」(booty tune)に尖閣が客演参加。jukeにポエトリーするという楽曲を制作し、promoの段階でD.J.APRIL 's JUKE/FOOTWORK 2012 Japan Chart top 10に選出された。

そして2014年4月、1st Album「DIO」(ZION LABEL)を発表。
同年RINGOOO A GO-GOを通過し、りんご音楽祭2014 に出演した。



【商品解説】
LOW HIGH WHO?のトラックメイカー "*+Ω+*" とのジョイント作としてリリースされた "DIO" から1年。
特定のTrackmakerを持たない2人が、
様々な表現者とのセッションへ貪欲に踏み込むことで形作ってきた豆尖という独自進化形。
その前身である「尖閣&mame-jiru」として活動を始めた2008年から、
2014年までの音楽交流を表出する思いで発表するリミックスアルバムは、
有名無名を問わない総勢23組のリミキサーとの異種格闘技戦セッション!!
全26曲、約121分収録の脅威のヴォリューム2枚組!限定300枚!

Mastering by 8ronix (bullpen.lab)
TrackOrder by Shun-Shun (hypnotIze)
CD JKT Design by Taku Yamada (http://www.emayg.com/)

2015年発売、全26曲。



【TRACK LIST】
DISC A
1.merci for healthy|ZionSoldier MCs beat jack
2.月と太陽と地球|雲のすみか remix
3.愛撫のカオス|スコーピオン岡本 remix
4.sitting blue|わきみずremix by 隼人6号 
5.baby godzilla|ノダフルタ remix
6.夢の背中|steteko remix
7.越えて|WATMAN BEGINZ remix
8.relax blues|8102 remix
9.sitting blue|ninja wasabi remix
10.少年jungle|DJ DON remix
11.relax blues|庭 remix
12.merci for healthy|ピーチ岩崎 remix
13.relax blues|ワヲン remix

DISC B
1.relax blues |隼人6号 remix
2.おしずかにdub |QUIQUI HETERODOXY remix
3.愛撫のカオス |Ok,No,Volcano,Remix by 沈黙を語る人
4.愛撫のカオス |doboku remix
5.少年jungle |Optical Structure remix
6.DIO all blend |庭 remix
7.baby godzilla |DJ Ishikawa remix
8.越えて|CO2 remix
9.月と太陽と地球 |dj ao remix
10.夢の背中 |asa remix
11.sitting blue|燃える!remix by 隼人6号 
12.ラマジーE|匠-TakUmi-remix
13.merci for healthy|YOUNG-G remix

はい、久々の沈黙仕事でございます。
正に沈黙を語る人状態のこの名義、今考えると一番イイ時期にハードコアに復帰しちゃって
そっちで忙殺されてなかなか動かせないでいる状態です。

でも、これで良かったんだろうなとは思っています。

いつかのUMB静岡予選で当たった豆汁さんのやっている豆尖という
ヒップホップグループのリミックスをしました。
内容は聞いてからのお楽しみにってことで。

是非是非。

もうちょっとヒップホップ寄りに戻りたいところ…
と、ずっと考えていましたがなかなか良い着地点が見つかったので
それはまた後日ってことで。

http://omamejiru.blog110.fc2.com/blog-entry-156.html?sp

1st Album「DIO」発表から一年、、、豆尖がお届けする2作目は、総勢23人のリミキサーとの異種格闘技戦セッション!!全26曲約121分の2枚組リミックスアルバム!限定300枚!

【タイトル】:0814/re:DIO
【アーティスト】:豆尖
【レーベル】:ZION LABEL
【フォーマット】:2CD
【発売日】:2015年4月29日
【販売価格】:1,944円



【Artist Profile】
豆尖 (ZionSoldier / ZION LABEL)
豆汁と尖閣。

RAP集団ZionSoldierに属する、HIPHOPを出自とする2MC with DJ。
前身となる尖閣&mame-jiru を経て2009年に結成し、ボーダレスな音楽交流を重ねた独自進化形。
自分たちの居場所を探すように、欠落した何かを穴埋めするように、無二のコンビネーションを築いてきた。

結成直後からそれぞれが同胞Y.A.SやZionSoldierの作品参加を重ね、2011年5月にCOASARU「別人格 COASARU」(術の穴)に豆尖として客演参加する。

2013年に豆汁がMAME-RECORDSを発足。ILL BONG「naisho」(theotokos)の客演参加を経て、4月に1st e.p「お豆の足音」(MAME-RECORDS)を発表。

同年2月には、隼人6号「Promised Land EP」(booty tune)に尖閣が客演参加。jukeにポエトリーするという楽曲を制作し、promoの段階でD.J.APRIL 's JUKE/FOOTWORK 2012 Japan Chart top 10に選出された。

そして2014年4月、1st Album「DIO」(ZION LABEL)を発表。
同年RINGOOO A GO-GOを通過し、りんご音楽祭2014 に出演した。



【商品解説】
LOW HIGH WHO?のトラックメイカー "*+Ω+*" とのジョイント作としてリリースされた "DIO" から1年。
特定のTrackmakerを持たない2人が、様々な表現者とのセッションへ貪欲に踏み込むことで形作ってきた豆尖という独自進化形。
その前身である「尖閣&mame-jiru」として活動を始めた2008年から、2014年までの音楽交流を表出する思いで発表するリミックスアルバムは、有名無名を問わない総勢23人のリミキサーとの異種格闘技戦セッション!!
全26曲、約121分収録の脅威のヴォリューム2枚組!限定300枚!

CD JKT Design by ???(coming soon…)

2015年発売、全26曲。



【TRACK LIST】
DISC1
1. merci for healthy ーZionSoldier MC's beat jack-
2. 月と太陽と地球 -雲のすみか remix-
3. 愛撫のカオス -スコーピオン岡本 remix-
4. sitting blue -わきみず remix- by 隼人6号
5. baby gozzilla -ノダフルタ remix-
6. 夢の背中 -steteko remix-
7. 超えて -WATMAN BIGINZ remix-
8. relax blues -8102 remix-
9. sitting blue -ninja wasabi remix-
10. 少年jungle -DJ DON remix-
11. relax blues -庭 remix-
12. mercy for healthy -ピーチ岩崎 remix-
13. relax blues -ワヲン remix-

DISC2
1. relax blues -隼人6号 remix-
2. おしずかにdub -QUIQUI HETERODOXY remix-
3. 愛撫のカオス -Ok,No,Volcano,Remix- by 沈黙を語る人
4. 愛撫のカオス -doboku remix-
5. 少年jungle -Optical Structure remix-
6. DIO all blend -remixed by 庭-
7. baby gozzilla -DJ ishikawa remix-
8. 超えて -CO2 remix-
9. 月と太陽と地球 -dj ao remix-
10. 夢の背中 -asa remix-
11. sitting blue -燃える! remix- by 隼人6号
12. ラマジーE -TakUmi remix-
13. merci for healthy ーYOUNG-G remix-



【"0814/re:DIO"収録曲 New MV】
coming soon…

事故った。以上。

と、言いたいくらいバトル内容はアレでした。
一回戦でいきなり強豪INNTANA氏と当たるというクジ運っぷりね。



静岡MCズ飲み。
試合前に対戦相手と和気藹々とメシとか行っちゃだめですわなー。




AX THE 猛顔(もうがん)こと onogabberと私の負け犬コンビ。



kik itadaki当日エントリーせず。説教もんです。

INNTANAさんとはようやくお話出来ました。
アルバム最高なんで是非。

 


さぁさぁ!そんな負け犬オフトラMCズ出演のイベントがありましてよ、奥様!
新宿にて待つ。



http://tweetvite.com/event/of2t3hc8
https://www.facebook.com/events/709652372456192/?fref=ts
https://www.facebook.com/of2t3hc

 

ラッパーのアスベスト君のベスト盤がなんと
TSUTAYA限定でレンタル開始しています。

トラック提供依頼を受けた当時はまだまだ何者でも無かった気がします。
ハードコアにも復帰していませんでしたし、
ヒップホップ界隈でもただバトルに出続ける謎のおっさん的な。
たかだか3,4年でここまで状況って変わるものかと。
時間の流れとは恐ろしいですね。

この機会に是非チェックを。

http://ameblo.jp/asbest/entry-11916584032.html

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.