2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 

チェッチェケよーってことで。

夏前に撮影して秋前には完成してたのですがタイミングを逸してまして…。

 

楽曲はこちらでどぞー。

https://linkco.re/bah9Y5ZP


というわけで新曲というかリミックスです。
https://linkco.re/dhQhufhR

まだ反映されていないところもありますが順次配信されます。

 

原曲はこちら
https://linkco.re/bah9Y5ZP

 

年始にリリースされたAmiga Shock Forceのリミックスは

意図的に90年台後半のテラーを意識しましたが
こちらもそっちに寄せた感じといいますか、
シンプルに、どストレートにしてあります。

 

ちょっと単調過ぎかなとも思いますがご愛嬌。

 

サブスク系やってねぇよって人はYoutubeからどうぞ。

 


 


韻踏合組合さんの前人未踏RemixをYoutubeでも聴けるようにしました。

 


韻踏さんのYoutubeでも聴けますが一応リマスターってのと
自分のプラットフォームに置いときたいなーと思い、載せてみました。

 

昨今の音楽の聞き方の変容は目を見張るものがあるといいますか、
多様性に富みすぎてて超めんどくせぇってのが本音です。

(弊レーベルは現状サウンドクラウドとBandcampを捨ててる状態、気が向いたら始めます)


リリースした音源をフル尺でYoutubeにそのままドンと
載せるアーティストやレーベルが増えているのも納得といいますか…。

ちょっとずつですがコンテンツ増やしていこうと思っていますので
チャンネル登録等したきゃ勝手にしやがれ的な。っていうかして。
https://www.youtube.com/channel/UCNK38MaeK-oq7vlPZp2cC3Q

 

 

 


GAKUDAN_H1TOR1 / North East Complex Pt.1 (沈黙を語る人 Remix)

 

過去作サブスク系放流シリーズです。
https://linkco.re/5g163Xu9

 

震災直後、GAKUDAN_H1TOR1(楽団ひとり)君の
支援企画の二枚組CDRに収録されていました。
結構気に入ってるんですが今聴くと雑だなーと笑。

 

もう7年前になるのか…。と軽く目眩をおぼえますが、
個人的に色々とエクストリーム過ぎた時期だなと。

 

故Anagram@酔狂こと遊佐氏経由でひとり君と繋がり、震災があって
リミックスをし、仙台予選に出て(その手前でDominator出演)、
翌年はこれまたご縁でB-BOYの聖地、B-BOY PARKで彼のバックDJを務めたり…

 

今振り返ると、なんだかとんでもない時期だったなと懐かしく思います。

 

YOUTUBEでも聴けるようにしてますので是非。

 


全出演者確定したようです。


初共演の方々が多いのとかなりバラエティーに

富んだ内容のようなので今から楽しみです。

 

自分はちょっと違うセットにしてみようかなと思ってます。

 

どうしてもかけたいと思っている曲があって、
どのショップでも売っていないスピードフリークの過去変名曲なのですが
本人から直でもらえたので投下しよっかなーと。
曲やるからRe:Fusion応援してな!ってことなので
彼の過去運営してたレーベル群の過去作網羅なここを要チェックスルベキ的な。
https://refusion.bandcamp.com/

 

自分の旧譜も1タイトルしれっとありますが割愛で笑。

 

 


情報解禁ってことで二年ぶりに大阪ギグです。

大阪はDJPE来日時以来なんで楽しみです。

 

俺の異物感ハンパないなと…笑。

 

遊びましょ。

 


リリース関係というか旧譜がいつのまにか放流されてた系です。
元はオレンジのカラーヴァイナル7インチというフェティッシュな感じでしたね。
今聴くとなんやねんコレ感あります笑。

https://www.discogs.com/ja/DDT-Agent-Orange-8/master/1302245

 

スピードフリーク御大のレーベルですね。なんだかんだ彼とは再会出来てないなーと。

 

 

そしてこれもいつのまにか放流されてました。

タイトルのThe抜けとるやん。まぁいいんだけど。
Spotifyだけなのかしら?

 

 

先日放流したBurning Lazy Persons / Lost Tapes 1 ですが近日一旦配信停止になります。
この中の2曲がまさかのヴァイナルカットという…。

ほんと不思議な事が起こるなーと。詳細は後日で。

 

未発曲もまた発見されたので適宜放流する予定です。

 

 


いやはや、昨年末あたりから過去作、未発表作の
ストリーミングへの放流祭りなのですが、

そこに加えて97年のドイツ、ハンブルグ感丸出し

(このニュアンスの妙が日本でわかるの恐らく10人くらいなのがとても悔しい笑、めっちゃ面白いのに)のASFリミックス。


SODOMへ送ったマスターテープから20年越しのリリースと、

完全に時間軸が狂っていて、これは何の世界線なんだろうか…と現実を疑う感じです。

 

ネットと距離を置いた生活を長らく送ってますので
余計に乖離感が助長されているのもあるかもしれません。

 

20年単位で行ったり来たりしてる感じといいますか…
でも当人はこの2018年に現在進行系で生きてるわけで…
新しい事もやってるわけで…、非常に不可思議な感覚です。

 

たしかハードコア復帰の2012〜3年あたりに
同じような感じってあったので再度そういう波が来たのかな…?
流れに身を任せようとは思いますが
本音言うと懐古主義に付き合う気はありません。

 

なんかリリースラッシュになってしまったので軽くまとめてみました。

 

難産中の難産。
KNOWN / Famous Anonymous Nobody Knows

 

AppleMusic 

 

新生Famous〜第二弾。
Vanity / Famous Anonymous Nobody Knows

AppleMusic

 

このリミックスは前述した20年いったりきたりの中での中間地点感ありますね。
このタイミングで再放流したの偶然じゃないのかも…

 

韻踏合組合 / 前人未踏 沈黙を語る人Remix

AppleMusic

 

AMIGA SHOCK FORCEリミックス、ヴァイナル。

https://praxis-records.net/shop/news/8299/amiga-shock-force-jump-subroutines-ep

デジタル。

 

SODOM14 ソールドアウトなのかしら?たぶん配信ないです。

http://www.toolboxrecords.com/en/product/31278/hardcore/sodom-14-2-max-per-custommers/

早くもプレミアついてて、うーんて感じ。

https://www.discogs.com/ja/sell/release/12100277?ev=rb

 

ここからは未発系の放流シリーズです。
Meaning〜のみ2000年中盤、Smily、Burningは20年前です。

 

Meaning Of Nonsense / Seasons Lost 3

AppleMusic

 

Smily Slayers / Lost Tapes2

Applemusic

 

Burning Lazy Persons / Lost Tapes 1

AppleMusic

 

Meaning Of Nonsense / Seasons Lost 4

AppleMusic

 

Smily Slayers / Lost Tapes 3

AppleMusic

 

リリース一覧はこちらに。カタログ増えたなーと。
https://extal.tokyo/

 

では。

 


 

 

AppleMusic

 

というわけでFamous Anonymous Nobody Knowsの新譜です。


ハードコア・テクノパンクとでもいいますか
何を怒っとんねん感。

 

先日のKNOWNが三年かかったのに
こちらタタキのトラックは5時間くらいで出来たという…。
ほんと曲作りって水物だなーと。

 

はやいとこライブの体制も整えたいところです。

 


 

過去作放流シリーズです。

各種ストリーミングサービスで聴けます。

 

 

AppleMusic

 

韻踏合組合さんの過去の周年モノですので

今更大々的にするのもアレなのでジャケットもシンプルにしました。

 

以前イギリスのAtomic Annihilation Recordingsから
フリーで出しましたが期間限定だったのと
意外に気付かれてなかった+結構リクエスト多かったってのもあって
今更ですが配信開始です。

 

いつ放流しようかなーと思ってるうちに時間経っちゃいましたね。
いつ出したっけ?と再確認したら8年前…。まじか…と目眩。

 

ちょうどMCバトルに出まくってる時期で、
あくまでも一介のバトルMC、「何者でもない」頃でした。
懐かしくもあり、非常に自由な時期だったなと。

このリミックス企画を知った時に、自分ならどうするか?と
一寸悩んだ挙げ句のガバリミックス。
「もうハードコアはやらない」という当時の頑なな決意も氷解した頃だった気がします。

(たぶん、ヒップホップという新しい道に進み始めて初めて過去を許容出来た感じだったかと

 

今も、ニュアンスは違えど近い心境かも知れません。

 

たしか公開されたのが当時の自分にとっての大一番の東京予選前で
超気合入ってる時だった気がします。


この後に突然Dominatorの出演が決まって、ずっと止まっていたTNIからの

ヴァイナルリリースがデジタルに切り替わって急にリリースされと、

冷静に振り返るとなんだか全てのお膳立てが揃っていたかのような時期でした。

すげぇ時期だったなと。震災もありましたし。

 

今、この作品を再放流するのも何かの縁かも知れません。

 

だらだらと逡巡してしまいましたがこの辺で。

 


無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.